taxi

お客様に快適な乗り心地を提供するテクニック

更新日:

快適な乗り心地を提供できていますか?

タクシーはお客様を乗せて目的地に到着すれば良い…ではありません。

小さなお子さんを連れたお母さん、仕事をしながらのサラリーマン、足腰が弱いお年寄りなど、タクシーを利用する乗客はさまざまです。

ここでは、お客様に快適な乗り心地を提供するテクニックについて考えていきましょう。

基本を徹底する

  1. 笑顔で挨拶をする
  2. お忘れ物の確認
  3. ご乗車のお礼

テクニック以前のタクシーの接客の基本ですが、これを疎かにするとお客様に気持ちの良いサービスを提供することはできません。

お客様に「選んで良かった」と思っていただくには、第一印象から意識することが大切です。

ベテランドライバーほど、いま一度基本ができているかどうかをチェックしましょう。

 

清潔な車内環境を心がける

タクシーをご利用のお客様からのアンケートで、ワーストワンに選ばれる「不快なこと」は何だと思いますか?

答えは「車内のタバコ臭」です。

車内は禁煙でもドライバーが喫煙者なら、本人の気づかないうちに制服などにタバコのにおいが付いてしまいます。

常に車内の不快なニオイや汚れなどがないかチェックし、清潔な車内環境を心がけましょう。

 

お客様の心理を読み取る

お客様にわざわざ聞かずとも、お客様を観察していま取るべき行動が取れるドライバーは優秀なドライバーです。

たとえばお客様がスーツの内ポケットやカバンから携帯電話を取り出し、プッシュボタンを押す仕草を取ったら、あなたはどうしますか?

「お電話ですか」などと聞かずとも、話しかけるのをやめてラジオのボリュームを下げる行動が取れるでしょうか。

後部座席にいらっしゃるお客様が寝ようとしているのか、何かを言おうとしているのか、あるいは静かにしてほしいのかを把握することが、タクシーのドライバーに求められるサービスです。

 

まとめ

時代の変化とともにタクシーは運送業から「お客様を目的地にお届けする間の快適な空間を提供するサービス」が求められるようになりました。

お客様を安全にお届けするのは当たり前で、プラスして「乗車してよかった」と思っていただけるような接客、サービスが重要です。

日頃から運転技術や地理の知識を身につけることと同じくらい、お客様目線に立って、お客様にとって快適なタクシーとは何かを意識した行動を実践しましょう。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.