taxi

新人タクシードライバーが稼ぐために押さえておきたいポイント

更新日:

「タクシーは経験者ほど稼げる」と思い込んでいませんか?

実はタクシードライバーほど経験・未経験関係なく、稼げる人は稼げるし、稼げない人は稼げない職業でもあるのです。

ここでは新人ドライバーが一日も早く先輩ドライバーに売上で並ぶために必要なポイントをご紹介します。

 

事前の情報収集を徹底する

運転技術や接客のテクニックなどはタクシー経験者やベテランにはかなわないところあるかもしれません。

しかし、「今日はどんなイベントがあるのか」「どこに行けば多くの乗客が見込めそうか」など、事前の情報収集は経験・未経験関係なく徹底することで売上につなげることができます。

事前の情報をもとに、時間帯ごとの売上目標を立て、実際の行動に落とし込む。

これを繰り返すことで、新人タクシードライバーが経験者に負けない売上を達成することができるのです。

 

常に営業状態であることを意識する

タクシーはお客様を乗せている時間だけが営業ではありませんん。

お客様がいそうな場所に行くまでの移動時間、休憩時間すらも営業状態であることを意識しましょう。

たとえ移動時間でもなるべく乗客を獲得できそうなルートを走ったり、休憩時間に午後からお客様が増えそうな場所をリサーチしたりなど、細かい積み重ねが売上に影響を与えます。

稼ぐタクシードライバーほどちょっとした時間も無駄にせず、売上につながるよう意識して行動しています。

 

タクシーの存在を際立たせる

タクシーを拾いたいお客様の目線はどこにあるでしょうか?

もちろん、「空車」のサインですよね。

たとえば周りのクルマの邪魔にならない程度にスピードを落とす、なるべく左端の車線を走るなど、稼げるドライバーはお客様に存在を知ってもらうための工夫を怠りません。

お客様に「空車」のサインを見てもらうにはどうしたらいいか、意識しながらタクシーを走らせることが重要です。

 

会社や先輩に相談する

タクシードライバーは営業に出れば一人ですが、実はチームワークがもたらす効果は非常に大きいものがあります。

たとえばショートカットができる裏道の存在や営業区域のお客様の特徴などは、会社や先輩から学ぶことで気づいたりするものです。

稼げるドライバーを多く輩出するタクシー会社ほど人間関係が良好でもあるので、そういった観点でタクシー会社選びをするのも大切です。

 

まとめ

今回は新人ドライバーを対象として稼ぐためのポイントをご紹介しました。

ここに挙げた4つのポイントは、すべて経験者で稼げていない人にとっても重要なポイントです。

いま一度、自身は本当に意識できているか、実践できているかを確認して、売上につながる行動に落とし込んでいきましょう。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.