taxi

稼ぐための秘訣とは 月収50万円タクシードライバーのテクニック・ノウハウを公開!

投稿日:

効率的に売上を伸ばしていくためには

月収50万円を稼ぐタクシードライバーになるためには、一人でも多くのお客様を乗せて効率的に売上を伸ばしていく必要があります。

ただ繁華街や駅前をダラダラと流し運転していれば、お客様が拾ってくれるというわけではありません。

今回は月収50万円を稼ぐために必須なタクシーのテクニック・ノウハウをご紹介します。

 

地理に詳しいのは大前提

お客様の立場からしてみれば、タクシードライバーは道に詳しくて当たり前です。

国内で最も稼げる東京23区内で営業するのであれば、複雑に入り組んだ道がどこに通じているのか、どれくらいの時間で行けるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

日頃から営業区域の観光スポットや宿泊施設、飲食店などは最低限暗記しておいて、お客様に目的地を告げられたらすぐにルートが頭に浮かぶようにしておきましょう。

都心に転職して間もない、あるいは新人ドライバーで地理に自信がない場合は、カーナビの操作を手際よくできるようにマスターしておくと良いでしょう。

 

出勤前の情報収集が1日の稼ぎを決める

「今日は稼ぐぞ!」とタクシーの営業を開始してから思っているようでは、月収50万円を達成することはできません。

稼ぐドライバーは「どこに行けばタクシーを利用するお客様が多いか」「何時に終電がなくなるか」といった、タクシーの需要についての情報を出勤前に収集しています。

たとえば営業区域内でイベントが開催されるという情報を事前に仕入れていれば、会場付近で待機してイベント帰りのお客様にご利用いただけます。

常にタクシーの需要を意識して情報収集しておけば、売上を伸ばすことができるのです。

 

休憩時間も考慮する

稼ぐドライバーは多くのお客様の利用が見込める時間帯を把握しておき、休憩を取る時間を考慮しています。

お客様の利用が少ない時間に休憩を取り、需要が高まる時間帯にタクシーを走らせれば、効率よく稼ぐことができます。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、営業を続けているうちに利用の多い時間帯、少ない時間帯が把握できてくるので、自分なりの「稼げるスケジューリング」を身に着けましょう。

 

まとめ

出勤前の情報収集、休憩時間のとり方を稼げるテクニック・ノウハウとしてご紹介しましたが、もうひとつ大事なこととして接客態度が挙げられます。

お客様がタクシーに乗って快適だった、良いドライバーさんだったと感じたら、「次もまたあのときのタクシー会社を利用しよう」とリピートをいただくこともあるでしょう。

ただ漠然とタクシーを走らせるのではなく、常に「どうやったら効率的に稼げるか」を意識して業務に取り組むことが重要です。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.