taxi

稼げるドライバーは体調管理も一流!長時間労働でも健康な秘訣とは

投稿日:

なぜ稼げるドライバーは健康なのか

タクシードライバーの労働環境は過酷です。

深夜営業は当たり前、運転席に座りっぱなし、生活サイクルがバラバラなど、タクシードライバーの生活は不健康そのものと言わざるを得ません。

それでも、月収50万円を稼ぐドライバーは不規則ななりがちな生活にルールを定め、しっかりと体調管理を行っています。

 

タクシードライバーは1日20時間勤務して2日休む

タクシードライバーの勤務形態は、朝9時に出社して夕方6時に退社するというような規則正しいものではありません。

タクシー会社にもよりますが、1日20時間勤務してそのあと2日休むといった勤務形態もあります。

勤務時間が一定しないという点はもちろん、稼げるドライバーは他のドライバーが働いていない夜間を狙い目だとして集中的に狙っていったり、都心では平日よりも休日のほうが稼げたりといったこともあるため、ドライバーの生活が不規則になりがちなのは避けられない悩みです。

 

稼げるタクシードライバーの体調管理

稼げるタクシードライバーは最大のパフォーマンスを発揮できるように、不規則な生活でも体調をしっかりと回復させて仕事に臨みます。

そのために最低6時間は睡眠時間を取る、休みの日は筋トレやジョギングで体力づくりを欠かさないなど、自分なりのルールを定めて独自の体調管理を行っています。

アスリートと同じようにタクシードライバーも、食事・睡眠・運動のバランスを意識することが重要です。

 

万が一、体調を崩してしまった場合

どれだけ万全な体調管理をしていたとしても、タクシーは客商売である以上、風邪などの病気に感染する確率も高いと言えます。

体調不良を押して仕事に臨むドライバーもいますが、思わぬ事故の原因につながりますし、効率的にお客様を獲得、目的地へお届けするといったことも難しくなります。

稼げるドライバーは体調不良のデメリットを理解しているため、体調が優れない場合はしっかりと病院に行って治療に専念します。

無理をして仕事をするよりも、しっかりと体調を回復させてから遅れを取り戻したほうが良いということです。

 

まとめ

世間一般的にタクシードライバーは不健康なイメージを持たれがちですが、稼げるドライバーは普段から体調管理や体力づくりに余念がないため、いつも健康的で元気に仕事をしています。

「働くときはしっかりと働き、休むときはしっかりと休む」が、月収50万円を稼ぐタクシードライバーの必須条件ということを肝に銘じておきましょう。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.