taxi

未経験者から稼げるドライバーへ!月収50万円を稼ぐようになるためのポイントとは

投稿日:

未経験者ほど稼げるって本当?

「稼げるタクシードライバー」と聞くと、多くの人が運転の技術が高く、地域の地理に詳しい、経験豊富なベテランドライバーをイメージするのではないでしょうか?

もちろん大ベテランで稼ぐドライバーもいますが、実は前職でタクシーとは全く関係のない仕事をしていた人が未経験から半年~1年で月収50万円を達成する人も少なくありません。

今回は、未経験者が稼げるタクシードライバーになるためのポイントをご紹介します。

 

未経験者ほど発想が柔軟

結論から言うと、タクシードライバーとしての基礎をしっかりと身に付けることさえできれば、経験の有無は関係ありません。

なぜなら、未経験者ほど技術や知識を柔軟に取り入れ、柔軟な発想で稼げるドライバーとして活躍できる素地があるからです。

逆に下手に経験があるドライバーは自分のやり方に固執しすぎて、経験が邪魔をしてしまいかねません。

タクシー会社によっては、経験者よりも未経験者の方が総じて売上が高い傾向にあるところもあります。

 

未経験者はタクシー会社選びが最重要

入社したタクシー会社でマニュアルだけを渡されて、「後は自分で何とかして」と放置されてしまっては正しい技術や知識を身に着けることはできませんし、逆に会社の伝統や習慣に縛られすぎるようでは、考えの凝り固まったドライバーになってしまいます。

未経験者が稼ぐドライバーになるためには、最初に良い経験、習慣を積むことができるタクシー会社選びが重要です。

教育制度が整備されていて、なおかつ本当に稼いでいるドライバーから学べる環境にあるタクシー会社に就職すれば、半年から1年で先輩社員と同じくらいの稼ぎを得ることも難しくありません。

つまり、ゼロから良い経験と習慣を積むことが、一生稼げるドライバーになるための重要なポイントなのです。

実際に同業者やお客様からの評判の高いタクシー会社は新人教育に熱心で、タクシーはお客様を運ぶだけの「運送業」から、お客様満足度の高い接客が当たり前の「サービス業」へと変わったことを熟知して、それを新人に教えられる環境が整っています。

 

まとめ

タクシー業界はここ10年~20年で大きく変化しました。

近年になってタクシーのサービス業としての面がよりクローズアップされたこと、高齢化によってタクシーの「庶民の足」としての役割が重視されるようになったことが背景にあります。

その業界の変遷が、経験者よりも未経験者の方が稼げるタクシードライバーになれる可能性を後押ししたとも考えられるでしょう。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.