taxi

月収50万円を稼ぐタクシードライバーの人間関係とは

更新日:

どんな職業でも、どんな会社でも、たった1人で仕事をすることはありません。

そこには必ず上司や後輩、お客様や取引先など、人間関係があります。

タクシードライバーは個のイメージが強い職業ですが、稼げるタクシードライバーは人間関係を上手く活用して成果につなげています。

今回は、月収50万円を稼ぐタクシードライバーの人間関係を考えてみましょう。

 

稼げる先輩から積極的にアドバイスをもらう

タクシードライバーは職場の人間関係が希薄で、ある意味では気楽だと思われがちです。

しかし、月収50万円以上を稼ぐタクシードライバーを多く輩出しているタクシー会社では、教育システムが整備されていることはもちろん、未経験者も稼げる先輩タクシードライバーにアドバイスを仰ぎ、行動に落とし込んでいます。

稼げるドライバーは、いくつもの稼げるノウハウを持っていますし、それを秘密にして独占することもありません。

同僚が稼げば稼ぐほど会社自体の売上も伸びていくため、生きた情報として新人や後輩ドライバーに伝えています。

 

売上を競い合いながら楽しむ

タクシー会社の先輩や同僚ドライバーと言っても、個人のタクシードライバーとして見れば良きライバルでもあります。

良きライバルというのは、相手の足を引っ張ったり、妬んだりするようなことはなく、売上を競い合い、ときに励まし合い、お互いに切磋琢磨しているものです。

個人での売上目標はもちろん大事ですが、「同僚や先輩の売上に負けたくない!」という気持ちは、モチベーションの維持に繋がります。

 

意識の高い者同士で付き合う

これも非常に重要なこととして、何事も受身の姿勢で売上が低く、モチベーションも低い仲間と付き合っても、自分にとってはプラスになりません。

むしろ、「彼はあれでも給料もらえているようだから、自分も少し手を抜いたっていいじゃないか…」という、自分自身の怠慢にもつながります。

結局のところ、自分をタクシードライバーとして引き上げてくれる存在は、自分より経験豊富で売上も高い仲間なのです。

 

まとめ

月収50万円以上を稼ぐタクシードライバーの人間関係について考えてみました。

タクシードライバー同士は、ときに頼れる仲間として、ときに売上を競うライバルとして、お互いに切磋琢磨していく人間関係となります。

そのような良好な人間関係を築くためには、やはり優良なタクシー会社を選ぶことが重要です。

転職の際に待遇や福利厚生などを調べることも大切ですが、ぜひ現場で働くドライバーたちの生の声や雰囲気も意識して見ると良いでしょう。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.