taxi

未経験のタクシードライバーが月収50万円を稼ぐ3つのコツ

更新日:

タクシードライバーは月収50万円稼ぐポテンシャルを秘めた仕事で、経験者よりも発想が柔軟な未経験者のほうが稼ぎやすいという特徴があります。

しかし、ただ漫然とタクシーを走らせているだけでは、とうてい月収50万円を稼ぐことはできません。

今回は未経験のタクシードライバーが月収50万円以上稼ぐためのコツを3つご紹介します。

 

コツ①|稼いでいる先輩にアドバイスを聞く

「守破離」という言葉をご存知でしょうか?

もともとは茶道や武道の修業におけるおける段階を示したものですが、これはビジネスにも当てはまります。

「守」は師匠や流派の教えや型、技を忠実に守り、真似して身につける段階、「破」は自分の工夫を取り入れ、心技を発展させる段階、「離」は師匠のもとから離れて、自分自身で学んだ内容をさらに発展させる段階です。

未経験のタクシードライバーは「守」の段階に当たるわけですが、このタイミングではとにかく稼いでいる先輩の真似をすること、良いところを盗むことが大切です。

 

コツ②|1日のスケジュールを立てる

ただ漫然とタクシーを走らせるだけではダメで、また「1日いくら稼ぎたい」といった漠然としたものでもなく、「この時間までにいくら売上を立てる」というスケジュールを立てましょう。

タクシーは長時間労働ですので、仕事のコンディションを整えるためにも休憩時間はしっかりと取る必要があります。

 

コツ③|気づいたことをアウトプットする

「PDCAサイクル」をご存知でしょうか?

おそらく多くのタクシードライバーの方が、新人研修などで学習されるはずです。

PDCAサイクルとは「Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)」のことで、Planがコツ②のスケジュールリングだとしたら、Doは実際にタクシーを走らせること、そしてCheckがコツ③の気づいたことのアウトプットにあたります。

その日の乗務で気づいたこと、上手くいったこと、上手くいかなかったことをメモ帳に残すなどして、次の乗務の日の出庫前に確認してから仕事を始めるようにするActを実践します。

PDCAサイクルを意識した1日の動きが、月収50万円への近道と言えるでしょう。

 

まとめ

未経験のドライバーが月収50万円を稼ぐためのコツを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ここでご紹介した3つのコツは、タクシードライバーに限らずビジネスパーソンならぜひ実施したいアクションです。

今回の記事でなるほどと思われた方は、ぜひ明日の乗務から取り入れてみてくださいね。

-taxi

Copyright© 東京都内のタクシードライバーで月50万円稼ぐ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.